会場案内

明治神宮挙式式次第

参進(さんしん)
斎主の先導で、新郎新婦、媒妁人、両親及び参列者一同の順に列をなして、奉賽殿まで進みます。
報鼓(ほうこ)
式の始まりを、太鼓の音で神様にお伝えします。
修祓(しゅばつ)
「修祓」とは、穢れ(けがれ)を祓い清めるために行う神事。
神職が神前に進み、大麻(おおぬさ)を振って参列者や祭場を清らかにします。
斎主一拝(さいしゅいっぱい)
神事の始まりに際して、斎主に合わせて神前に向かって全員起立し、一度拝礼を行います。
祝詞奏上(のりとそうじょう)
斎主が、新郎新婦の結婚を神前に奉告する儀式。
祝詞は、神職が神々に対し申し上げる言葉です。神々が新郎新婦をあらゆる災厄から守り、末長い幸せを祈願する内容の祝詞が読み上げられます。
神酒拝戴の儀(しんしゅはいたいのぎ)
神前に供えていた御神酒を、神事のために巫女が下げます。
誓盃の儀(せいはいのぎ)(三三九度の盃)
三三九度の盃神前結婚式で、必ず行われるのが三三九度の盃です。
新郎新婦が巫女から受ける御神酒をいただく儀式で、盃につがれた御神酒を三口に分けていただきます。
お酒が飲めなければ、口をつけるだけでも可。
盃は、小盃・中盃・大盃があり、小盃は夫婦の成長を見守り、二人を出会わせてくれた先祖への感謝の気持ちを表し、中盃は、夫婦がこれから協力して生きて行くことへの誓いを意味し、大盃は、一家の安泰と子孫繁栄の願いがこめられています。
明治神宮(明治記念館も同様)では、小盃を新郎が、次に同じ盃で新婦が、そして中盃を新婦が、次に同じ盃で新郎が、最後に新郎が大盃で、次に同じ盃で新婦が御神酒をいただきます。
指輪交換または贈呈
神学的な意味はありませんが、昭和30年代後半より多くの方が希望するようになり、現在では行うのが一般的になりました。
誓詞奏上(せいしそうじょう)
誓詞は新郎が神前で夫婦になることを誓う言葉を指します。 新郎が読み上げ、新婦は最後に名前だけ読み上げます。
玉串拝礼(たまぐしはいれい)
新郎新婦は、巫女から玉串を受け取り、一拝して玉串案に供え、そのあとに二拝二拍手一拝をして席に戻ります。神社によっては、媒妁人夫婦、両家の代表も同様に玉串拝礼を行いますが、明治神宮では行いません。 玉串は神様への捧げ物で、一般的に榊(さかき)の枝に紙垂(しで)と言う白い紙を付けたものを用います。この玉串に御心霊をお迎えし、また玉串を捧げて祈る人の気持ちも込め、神様と祈る人との仲立ちとしての役割を果たします。
神楽(かぐら)(寿の舞)
寿の舞新郎新婦の新しい門出を祝い、巫女が神楽の演奏に合わせて神前舞台で舞う、神前神楽です。
「寿の舞」は明治神宮オリジナルの神楽で、明治天皇の皇后であられた昭憲皇太后が「鏡」と言うお題でお詠みになられた御歌
『朝ごとにむかふ鏡のくもりなくあらまほしきは心なりけり』
に作曲・振付したものを歌・和琴、神楽笛で伴奏し、巫女が舞います。

御歌の意味
『毎朝私たちが向かう鏡が綺麗であること、まことに気持ちがよいように、人の心もいろいろものを写す鏡でありますから、常に清く澄み明らめておきたいものです』
お鈴の儀(おすずのぎ)
寿の舞のあと、巫女が新郎新婦、ご参列の皆様に向かって鈴を振り、清らかな音に託して神の恵みを授けます。
親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)
新郎新婦の両家が親族となる儀式。「固めの盃」とも言われるもの。
参列者全員の前に盃が置かれ、巫女が御神酒をついで行きます。神職の発声で御神酒をいただきます。もちろん祝意を込めて、親族だけでなく、友人などの参列者全員が御神酒をいた だきます。
徹下品授与(てっかひんじゅよ)
挙式を祝い、お供えした記念品を新郎新婦にお授けます。
斎主挨拶(さいしゅあいさつ)
斎主が、ご新郎新婦、ご親族に祝辞を述べます。
斎主一拝(さいしゅいっぱい)
神事の終わりに際して、斎主に合わせて神前に向かって全員起立し、一度拝礼を行います。
報鼓(ほうこ)
太鼓が打たれ、式の結びを告げます。
退下(たいげ)
参列者全員が、奉賽殿を退出します。

神前結婚式

  • 意義と歴史
  • 明治記念館での結婚式
  • 明治記念館での挙式式次第
  • 明治神宮での結婚式
  • 明治神宮挙式式次第
  • 明治神宮の灯り参進