会場案内

明治記念館での結婚式

格調高く厳かな挙式は、すべて明治神宮の神職、楽人、巫女によって執り行われます。

明治記念館の挙式会場「儀式殿」

本館の一角に佇む総檜造りの挙式会場「儀式殿」は、身も心も凛とする格調高い設えです。
重厚感ある扉が開き、儀式殿に続く石畳(稲田石)の通路に一歩足を踏み入れた途端、ほのかな檜の香りに満たされ厳粛な気持ちになります。
御祭神は明治神宮でお祀りしている明治天皇と昭憲皇太后の二柱で、挙式はすべて明治神宮の神職、楽人、巫女によって執り行われます。
右殿と左殿があり、どちらも58名様(新郎新婦、媒妁人、媒妁令夫人を含まず)列席できますので、ご友人様も参列していただけます。

着席人数

ご新郎ご新婦:2席
ご媒妁人・ご媒妁令夫人:2席
参列者 :58席

● 印の位置は写真撮影をされる方のお席です。
式次第の中で撮影できない儀式がございます。

着席図(右殿・左殿共通)

常緑の庭園に面した儀式殿

御扉(みとびら)と石畳の神聖な空間

明治記念館儀式殿

檜の香り漂う儀式殿

神前結婚式

  • 意義と歴史
  • 明治記念館での結婚式
  • 明治記念館での挙式式次第
  • 明治神宮での結婚式
  • 明治神宮挙式式次第
  • 明治神宮の灯り参進