長寿の祝い日について

長寿の祝い日について

古くは中国のものであった長寿の祝いのしきたり。
日本では十干十二支(じっかんじゅうにし)がひと巡りする還暦を一つの節目として祝うなど、数々の賀寿があります。
昔は節句に祝いましたが、今では誕生祝いとしてさまざまなスタイルで祝宴を開き、長寿に感謝して家族で祝す行事にもなっています。
古来からの風習を大切にしながらも、好みに合わせた心あたたまるお祝いに、「ずっと元気で」という気持ちが広がります。

還暦 (かんれき)
[六十歳]
十干十二支では六十年で暦が一回りすることから、数え六十一歳で人生の節目を祝う行事。めでたい赤色のチャンチャンコを着て、人生の再スタートを祝します。
古稀 (こき)
[七十歳]
数え七十歳のお祝い。これは、杜甫の詩「人生七十古稀なり」の言葉からとられた記念日です。
喜寿 (きじゅ)
[七十七歳]
「喜」という文字を草書体に崩して書くと、「七」という文字が重なることから、数え七十七歳のお祝いを喜寿と呼びます。
傘寿 (さんじゅ)
[八十歳]
「傘」の文字の略字が「八十」と読めることから、数え八十歳のお祝いは傘寿と名付けられています。
米寿 (べいじゅ)
[八十八歳]
「八十八」を組み合わせると「米」という文字になることからきたお祝いです。
卒寿 (そつじゅ)
[九十歳]
数え九十歳のお祝い。「卒」の文字は「卆」と略され、「九十」と見えることから、卒寿と呼びます。
白寿 (はくじゅ)
[九十九歳]
「百」という文字から横棒一つ取ると「白」の字になることから、数え九十九歳のお祝いを白寿と言います。

百歳以上のお祝いには、百寿(ももじゅ・ひゃくじゅ) [百歳] 、茶寿(ちゃじゅ) [百八歳] 、珍寿(ちんじゅ) [百十歳] 、皇寿(こうじゅ) [百十一歳] 、大還暦(だいかんれき) [百二十歳] があります。

ウエディング

  • 美しい日本の結婚式

明治記念館のご案内

宴会/プライベート

集会・宴会・会議

レストラン