桃林荘|婚礼料理|結婚式・挙式なら
【明治神宮文化館結婚式総合案内所】

資料請求 アクセス 挙式空き状況
03-3379-9282

旬の食材を卓越の技で

こだわりぬいた旬の食材に洗練された卓越した技で、
ひとつひとつ丁寧に心を込めてお作りする桃林荘限定の婚礼日本料理です。
贅沢なひとときをお楽しみください。
統括総料理長 大宮 康雄

心ゆくまで楽しめる、立ち上る香り

「あのときの婚礼料理はおいしかったね」と喜んでいただくために料理人ができること。それは卓越した技術の研鑚と素材の厳選、さらに些細な気遣いを、毎日極めることです。
日本料理は気遣いの料理とも言えるかもしれません。たとえば、人が欲する塩分は天候や気温によって微妙に異なります。私は毎日ダシの味見をしますが、そこを読みながら微細な味の調整を図ります。ですから明治記念館では、暑さ・寒さによって、椀物の味わいが繊細に異なります。細やかな仕事にふさわしいよう、調理場では塩も砂糖も毎日ふるいにかけてサラサラに管理しています。
日本料理の手間暇のかけ方は奥が深いですよ。椀物の一番だしで使う鰹節は鰹を熟成させてから、昆布なら1年かけた後、ようやく晴れ舞台に立ちます。手間暇の極みをひとつにまとめ、その日いちばんおいしい状態で味わっていただくのが職人の仕事です。「おいしさの記憶」はひと口召し上がったときの小さな感動が集まり、紡がれるもの。その感動のために、手間暇を惜しまず、気遣いを忘れず、こだわり続けたいと思うのです。

「旭の膳」(平成29年メニュー)

※明治神宮文化館ならびに、明治記念館の婚礼プラン婚礼料理などはご利用いただけません。

婚礼料理

桃林荘 明治神宮文化館
桃林荘 明治神宮文化館

明治神宮とは

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、清らかで森厳な内苑を中心に、聖徳記念絵画館を始め数多くの優れたスポーツ施設を持つ外苑と、結婚式とセレモニー、パーティ会場の明治記念館からなっています。明治45年7月30日に明治天皇、大正3年4月11日には昭憲皇太后が崩御になりましたが、国民から御神霊をお祀りして、御聖徳を永遠に敬い、お慕いしたいとの熱い願いが沸き上がり、大正9年11月1日(1920年)に両御祭神と特にゆかりの深い、代々木の地に御鎮座となりました。

アクセスと周辺図

明治神宮文化館へは、「北門」「南門」「西門」からご来館いただけます。
明治神宮文化館の最寄りの門は「南門」になります。 詳しくはこちらからどうぞ

関連情報

当サイトでは、明治神宮での神前挙式と披露宴に関する情報を掲載しております。
明治記念館でのご婚礼に関する情報につきましては、明治記念館の公式サイトをご覧くださいませ。
Copyright(C) Meiji Jingu all rights reserved.