挙式会場奉賽殿|結婚式・挙式なら
【明治神宮文化館結婚式総合案内所】

資料請求 アクセス 挙式空き状況
03-3379-9282

明治神宮の神前式 美しい日本の結婚式

人生を共に助け合う、
ふたりの誓い。

明治神宮の境内は、およそ70万㎡。
東京ドーム15個分という広さを持つ
神宮の杜に抱かれて神前まで進む参進。
神職と巫女に導かれて家族や親族、
大切な人達と一緒に歩む。
母の手に導かれ、花嫁が朱色に頬を染めて歩む光景は、
「美しい日本の結婚式」の忘れえぬ一場面です。

奉賽殿

挙式は、「奉賽殿」にて、厳粛に執り行われます。
長い人生を共に助け合いながら、社会に貢献してゆくことを、神前にお誓いします。
神楽は、歌・和琴・神楽笛による奏楽になります。
奉賽殿は右殿と左殿があり、収容人数はどちらも46名
(新郎新婦・媒妁人・媒妁令夫人を除く)になります。

奉賽殿左殿
奉賽殿右殿

奉賽殿着席図(右殿・左殿)


●印の位置は親族撮影の方のお席です。
式次第の中で撮影できない儀式がございます。

着席人数

新郎新婦      2席
媒妁人・媒妁令夫人 2席
参列者       46席

動画で見る明治神宮の結婚式

その他の動画は
「フォト・動画ギャラリー」でご覧ください。

明治神宮の挙式

奉賽殿 式次第 灯り参進
奉賽殿 式次第 灯り参進

明治神宮とは

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、清らかで森厳な内苑を中心に、聖徳記念絵画館を始め数多くの優れたスポーツ施設を持つ外苑と、結婚式とセレモニー、パーティ会場の明治記念館からなっています。明治45年7月30日に明治天皇、大正3年4月11日には昭憲皇太后が崩御になりましたが、国民から御神霊をお祀りして、御聖徳を永遠に敬い、お慕いしたいとの熱い願いが沸き上がり、大正9年11月1日(1920年)に両御祭神と特にゆかりの深い、代々木の地に御鎮座となりました。

アクセスと周辺図

明治神宮文化館へは、「北門」「南門」「西門」からご来館いただけます。
明治神宮文化館の最寄りの門は「南門」になります。 詳しくはこちらからどうぞ

関連情報

当サイトでは、明治神宮での神前挙式と披露宴に関する情報を掲載しております。
明治記念館でのご婚礼に関する情報につきましては、明治記念館の公式サイトをご覧くださいませ。
Copyright(C) Meiji Jingu all rights reserved.