- 菓乃実の杜 -
戻る

熨斗(のし)一覧
 
一般的な場合
無地熨斗
紅白の蝶結び掛紙を掛け、表書きは無記入にいたします。
粗品
心ばかりの気持ちで、お礼や小物を贈るときに使用します。
紅白の蝶結び掛紙に「粗品」と記入いたします。
御礼 
仲人への謝礼をはじめ、あらゆるときのお礼に。
紅白の蝶結び掛紙に「御礼」と記入いたします。
御中元 お世話になった方への夏の贈り物に使用します。
7月の初旬から15日まで。
紅白の蝶結び掛紙に「御中元」と記入いたします。
御歳暮
お世話になった方への冬の贈り物に使用します。
12月の初旬から20日頃まで。
紅白の蝶結び掛紙に「御歳暮」と記入いたします。
時候のご挨拶の場合
暑中御見舞
お世話になった方への夏の贈り物に使用します。立秋までに贈る場合になります。
紅白の蝶結び掛紙に「暑中御見舞」と記入いたします。
寒中御見舞
小寒から(1月5日頃)から立春(2月4日頃)の贈り物に使用します。
紅白の蝶結び掛紙に「寒中御見舞」と記入いたします。
お祝い時の場合
御祝 お祝い事全般に使用される表書きです。
紅白の蝶結び掛紙に「御祝」と記入いたします。
内祝 通常 お祝い事やお見舞いのお返し、また、自祝の時に使われる表書です。紅白の蝶結び掛紙に「内祝」と記入いたします。
内祝 結婚祝 結婚祝いのお返し時に。紅白の結び切掛紙に「内祝」と記入いたします。
寿 結婚祝いの表書きになります。また、長寿などの慶事にも使われます。
掛紙に「寿」と記入いたします。